日本文化大学で英語を学ぼう


日本文化大学は英語が必修です。
外国人旅行者は年々その数を増やしていき、
英語でコミュニケーションを取る機会は
日増しに増えてきていると言えます。
また、ビジネスの現場も国際化が顕著になってきており、
新入社員においてもある程度の英語力が求められるようになりました。
SPIの英語の問題も年々難しくなっていくかもしれません。

日本文化大学は警察官になるための学校とも呼ばれています。
比率は分かりませんが、毎年50名以上もの学生が現役合格しています。
警察官採用試験の合格率が15~20%前後と言われていますので、
かなりの合格者数だと言えます。
そして、警察官は英語が必須です。
外国人にしっかりと英語で道案内をしないといけません。
そのうち、面接試験で「英語でのリスニング」が
試験項目に追加されるかもしれませんね。

警察官採用試験を突破したら警察学校に入りますが、
そこで多くの方が苦しんでいるのが英語学習です。
かなり本格的な英語教育を行うそうで、
苦手な方は予習復習の日々に追われています。
日本文化大学に在籍している内に、
ある程度の英語力を身に付けたいところです。
英会話能力を身に付けるのであれば、
英会話カフェに通うのがオススメです。
もしくは、英語チャットを利用するのもいいかもしれません。

また、日本文化大学はドイツ語もフランス語も習えます。
ドイツ語やフランス語しか話せない方も日本に来るかもしれません。
警察官は外国語を使う場面が意外と多いので、
しっかりと勉強してください。



日本文化大学の新校舎の耐久度について


日本文化大学の新校舎はデザイン性に優れています。
日本文化大学のメディアセンターは
東京建築賞の最優秀賞を取ったほどのオシャレを有しますが、
今度の新校舎もそれに匹敵する賞を獲得できるかもしれませんね。
そしていつの時代も審美性と機能性は両立しないことが多いです。
美しさを追求するとどうしても性能の方が幾分劣ってしまいます。
仮に両立させようとすると、今度はコストの方が増大となり、
やはり実現不可能となってしまいます。

日本文化大学の新校舎は審美性に優れたデザインになっているため、
耐久度に関しては並以上は求められないでしょう。
空から隕石が落ちてきたら、確実に吹き飛ぶと考えられます。
核シェルターほどの耐久度は持ち合わせていないのです。
また、廊下や階段の耐久度も並程度でしょう。
室内でC4を爆発させたら、確実に崩壊すると考えられます。
100kgのハンマーを叩きつけても壊れてしまうでしょう。
そうした事態は皆無だと思いますが、
トレーニングジムや体育館と比べたら、
内装の強度はかなり低いと考えられます。

と言うのも、学校によっては雨の日に
校舎内で部活動をすることがあるでしょう。
野球部とかは校舎を使って
筋トレやランニングをしていると思います。
さすがに日本文化大学は普通に休みにして、
校舎内でランニングしないと思いますが、
仮にしようと思っても、新校舎の階段はそうしたことに不向きです。
デザイン性に特化したスケルトン型の階段であり、
足場はそこまで強くありません。
相撲のように四股を階段で踏んだら、
確実に踏み抜いてしまうでしょう。
部員全員が階段で全力ダッシュを丸一年間やり続けたら、
日本文化大学の新校舎の階段は壊れてしまうかもしれません。

大抵の大学の校舎は運動するのに向きません。
体育館と違って、床の性能はそこまで高機能になっておらず、
歩きやすさしか求めていないのです。
本気で踏み抜く行為を数万回と繰り返せば、
亀裂くらい出来てしまうでしょう。
どこもそうですが、
日本文化大学の新校舎では走らないようにお願いします。